祭りの屋台の景品くじに当たりが入っていないことが判明

お祭りと言えば屋台

縁日へ行くと焼きそばやたこ焼き、お面、射的など様々な屋台が立っている。
その中でもっともギャンブル性が高くちびっ子たちの夢がいっぱいにつまった屋台といえば景品くじ。
屋台一面に景品が並べられている光景はとても眩しく見えて1回くじを引いて当たればこれほどお得な買い物はない。そんな景品くじだが「じつはこの景品くじに当たりがないのでは?」と疑っている者も多いのではないだろうか。
この疑問を晴らそうと立ち上がったユーチューバーがいた。
≪スポンサードリンク≫

Youtuber ヒカルが景品くじに挑む

そのユーチューバーの名は「ヒカル(Hikaru)」。
金はすごい持っているようで、今回の景品くじを引くための軍資金として300万円用意している。

一回300円のくじを、始めは3000円分10枚、さらに10枚と購入し開いていくが当たる様子はない。
屋台の上中央には「安心してください(当たりが)入ってますよ!」と大きく詐欺でないことをアピールしたパネルもある。
金はあるので、めげずに3万円分100枚、さらに3万円分100枚と根気強くくじを開いていくがけっきょく15万円分景品くじを買っても一回も当たらないというとんでもない事態になった。

当たりはなかった?祭りくじで悪事を働く一部始終をban覚悟で完全公開します

検証してみる その1 くじ紙の数字


今回ヒカル氏が引いた商品くじは100番が特賞でWA賞、81~99番がA賞で好きな商品がもらえる、61~80番がB賞でゲームソフト・ラジコン・エアーガンetc、31~60番がカゴ賞、1~30番が残念賞となっている。



くじ紙赤1-50
http://d-kokuya.shop-pro.jp/?pid=23499743
くじ紙赤51-100
http://d-kokuya.shop-pro.jp/?pid=23499757

くじ紙自体は1~100番まで販売しているようだが、ヒカル氏が引いたくじの枚数は15万円÷1枚300円=500枚にもかかわらず特賞、A賞、B賞が一度も出なかったことから、この屋台の商品くじに使われているくじ紙は1番から50番までしかなかったということが容易に想像できる。
つまり、この屋台のくじは、どんなに頑張ってもカゴ賞と残念賞しか出ない仕組みになっているのである。

検証してみる その2 詐欺罪

確実に当たりが出ないことが確定した、つまり当たりのないくじを販売していたということで詐欺で逮捕の可能性も出てきた。

「当たりくじなし」の露店商を詐欺で逮捕 「当たる可能性」が少しでもあったら?
https://www.bengo4.com/c_1009/n_655/

まさか「当たり」がないなんて……。大阪府警は7月下旬、大阪市内の祭りで、当たりの存在しない「くじ」を販売した露店アルバイトの男を、詐欺容疑で逮捕した。

中略

「確率が外から判断しにくい電子的なくじなどの場合は、判断が微妙になります。たとえば、1回100円で大当たりの景品が1万円前後なのに、当選確率が10万分の1しかないというケースなど、客の期待を著しく下回るといえる場合には、詐欺罪に当たる可能性があるでしょう。

また、当選本数などをはっきりと公言・明記しておきながら、これを下回る当たりしかない場合にも、詐欺罪にあたる可能性が出てきます」

お祭りの景品くじにだまされてはダメ

すべてのくじが詐欺とは断定できないが疑念が残る結果となった。今回、この屋台のくじは当たりが入っているように見せているだけの詐欺同然のくじということが判明した。くじは人の欲望に付けこんだ阿漕な商売であり仮に当たりが入っていたとしても屋台側が損するようにはできていない。コスパは決して良くないのである。
途中から屋台の店長っぽい人物が怒りを抑えられず威圧してくるシーンもあったが、怒りたいのは詐欺同然のくじを引かされたお客さんのほうである。
≪スポンサードリンク≫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。