世界中から嫌われる日本産の放射能汚染食品

3.11の福島原発事故以降日本の食は安全なものではなくなった。
今世界では日本の食品の輸入を禁止にしている国が多数ある。
dsfgfdgg

世界で特に危険と判断されている日本の都道府県は「福島、群馬、栃木、茨城、東京、千葉」辺りだろうか。
また食品に関しては「ほんれんそう、たけのこ、キノコ類、川魚」などが多く挙げられている。
日本ではあまり報道されることもなく原発事故による被害はもう終わったかのようになっているが現状は変わっていない。
≪スポンサードリンク≫

食品中の放射性セシウム検査結果とチェルノブイリ事故後の北ウクライナ住民の疾病羅患状況
fgjghghfhfd jhgfgfhghfh

上記のチェルノブイリ原発事故後の北ウクライナ住民の疾病羅患状況のグラフを見てみると5年後~6年後見かけて急激に跳ね上がっているのがわかる。
特に多いのが循環器系、筋骨格系、続いて消化器、皮膚および皮下組織となっている。
このグラフを参考にすると2011.3.11福島原発事故の6年後は今からあと3年後の2017年。
このとき、どのようになっているのか、だれが責任を取るのか。
こんな状況下でありながら今年10月15〜18日にロンドンで開催されるイギリス最大級の現代アートの祭典「フリーズ・アート・フェア(Frieze Art Fair)」に、福島産の野菜を使ったスープがパフォーマンスアートとして出展される。

これに対しイギリスのインデペンデント紙の記事から
「あなたは放射能を帯びた野菜を使ったスープを飲めますか?たとえそれがアートであっても」
という文で始まる記事を掲載されている。
イギリスのガーディアン紙も「飲むべきか」という文章ではじまる記事を掲載。
アメリカのニューヨーク・オブザーバー紙は「フリーズ・アートフェアでは福島産の“放射能を帯びた”野菜をフィーチャーするパフォーマンスが行われる」と題した記事を掲載。
参考:福島の野菜を使ったスープのパフォーマンス、海外で話題に
≪スポンサードリンク≫

dfghfdghfdhgfh

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。