アグネス・チャンさん、中国の少女人身売買を華麗にスルーし話題に

アグネス・チャンさんといえば児童ポルノ批判でも有名で、「児童ポルノの単純所持禁止、ゲームや漫画等で児童を性的に描いたものも『準児童ポルノ』として禁止するべきだ」という声明を発表。
政府、国会に意見を求めている。NHKの番組『視点・論点』に出演した際にも、「私は子供たちの人権を守りたい」「表現の自由を守りたい」と語り、日本も既に法制化を実現している先進諸国と足並みを揃えるべきではないかと提言している。
このように児童ポルノに関して相当厳しい立場をとっているにも拘らず、自国の中国で起きた人身売買のニュースにはまったく興味がないようだ。
≪スポンサードリンク≫

以下ソース

中国で35歳の男がベトナムの9歳の少女を買ってきて自分の嫁にしようとしたというニュースを、子供の人権を守りたいという生ける聖人アグネスチャンに通報したところ、アグネスは華麗にスルーしたことが分かった。
この人身売買のニュースは中国のサイトで11月2日付に掲載された。そのニュースによると、人身売買まがいのことをしていたのは中国陝西省の農村にすむ35歳の男性。彼は今年の1月に8~9歳の少女を連れ帰って来た。そして、親戚をあつめ結婚式を行い、自分の嫁にしたという。
しかし、少女があまりにも幼いため警察が動いた。調べてみたところ、32000元でベトナムから買ってきた少女だったことが分かったという。
その後少女はベトナムに帰されたそうだが、これは確実に人身売買である。児童の人権に強い関心を向けているアグネスなら当然烈火のごとく怒るだろう。
そこで、これをネットの有志が11月2日11時にアグネスにTwitterで通報。コメントを求めたという。
その結果は…なんとアグネスはこの通報を見事にスルー。一切コメントをせずに無視を決め込んだのだ。
子供の人権を守りたいと日本では声高にアピールするアグネスが、自国の中国で起きた人身売買のニュースに対しては何らコメントを発することがなかったのだという。
実は、前々からアグネスチャンは、中国での人権を無視したニュースに関しては一切批判をすることはなかった。チベットでの人民弾圧の際も世界中で
非難の声が上がったにも関わらず、何もコメントをすることがなかったくらいである。今回のスルーも当然といえば当然かもしれない。

中国がすることや中国で起こったことには文句は言わず、日本では涙ながらに子供の人権を訴えるというダブルスタンダード。
相手によって自分の意見をかえるような卑怯者が子供の人権や平和について語っても説得力がなさすぎるのではないだろうか。

ソース元
http://app–tumb.tumblr.com/post/35477801250/35-9
≪スポンサードリンク≫

ネットで出回っているアグネス・チャンさんの画像

また、過去にも、食べると死なない霊芝なるものを販売するなど、霊感商法などの問題もあり怪しい匂いを隠せない人物である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。