内閣調査室が全力で山口敬之を擁護し印象操作画像を配布?

印象操作を嫌い大批判している安倍首相の側近が印象操作に全力を注ぐ

薬を使い女性を昏睡状態にしてホテルへ連れ込んでレイプしたといわれている安倍首相の御用ジャーナリスト山口敬之。
ここ最近は報道もされなくなってしまっている事件だが、この被害者女性を民進党の関係者だと印象操作しているチャート図を内閣調査室がマスコミに配布していたことが発覚し、またまた話題になっている。
この印象操作のチャート図を配布した内閣調査室のトップはもちろん安倍首相の片腕ともいわれる北村滋内閣情報官である。

≪スポンサードリンク≫

「昏睡レイプ事件」被害者を民進党の関係者と「印象操作」する画像を内閣調査室が配布したことが発覚、記者会見直後に2ちゃんねるにも転載
http://www.excite.co.jp/News/it_g/20170706/Buzzap_43850.html

「昏睡レイプ事件」を印象操作するための画像の配布元が内閣調査室だったことが明らかにされています。詳細は以下から。

安倍首相とズブズブな事で有名な御用ジャーナリストの山口敬之が、28歳女性への「昏睡レイプ事件」で準強姦逮捕状が出されていながらも、逮捕直前にこちらも官邸と繋がりの深い中村格警視庁刑事部長(当時)の独断によって握り潰されたとする事件。

先日BUZZAP!では山口敬之のメール誤転送によって内閣調査室のトップを5年努めた北村滋内閣情報官との関係が明るみに出されたことを報じましたが、なんとこの被害者を「印象操作」するチャート図を内閣調査室が配布していたことが判明しました。

今週発売の週刊新潮によると、被害者の女性が記者会見をする5月29日の少し前の段階で内閣調査室の職員がマスコミの記者に対してこちらの関係を示すチャート図を受け取っていたことが明らかにされています。

これは被害者に付く弁護士の所属する事務所の代表が次期衆院選に民進党から出馬予定となっており、その人物と民進党の前政調会長である山尾しおり代議士夫婦が親しいという関係を示すもの。
このチャート図の意図は明確に、被害者が民進党の党利党略に乗っているか乗せられていると「印象操作」し、「昏睡レイプ事件」という卑劣な犯罪を民進党による安倍政権を引きずり下ろそうという「政治的意図」によって引き起こされたものだとミスリードするためのものです。

このチャート図は被害者の記者会見の翌日5月30日の午前3:25という極めて早いタイミングで、2ちゃんねるに前夜の記者会見での写真を用いた画像として投稿されています。そしてこの画像はヘイトデマの温床として裁判沙汰にもなっているまとめサイト「保守速報」のコメント欄(魚拓)にも転載され、その後ネット上で一部ネット民によって拡散され続けることとなりました。

2ちゃんねるに投稿されたチャート図は複数ある模様。

週刊新潮に掲載されていた画像は左側のものと思われる。

時系列としては

5月29日以前、内閣調査室の職員がマスコミの記者に対して被害者と民進党の相関図を渡す。
5月29日、被害者女性の記者会見
5月29日21時、被害者女性の記者会見後、被害者と民進党の関係を示す情報が2ちゃんねるに投稿される。
5月29日22時、被害者の代理人弁護士らのキャプチャ画像を保守速報が投稿
5月30日3時、相関図が2ちゃんねるに投稿される。
5月30日9時、保守速報で相関図がまとめられ拡散される。

ネットで出回っている関係図では29日の記者会見時の被害者女性のキャプチャを使っていることから週刊新潮に掲載された画像は30日以降にネットから引用したものと思われるが、5月29日以前に内閣調査室の職員がマスコミへ配布したチャート図は上記の画像とは違うものなのだろうか。疑問も残る。

ジャーナリストの清水潔氏は7月3日、文化放送の「大竹まことゴールデンラジオ」に出演し、被害者女性から、2年前に、すでに山口の逮捕が潰された翌月に相談を受けていたことを明らかにしていて、「詩織さんの話は当時からブレがなく信用できる」などと語っている。

このことから民進党が被害者女性を使っての「政権に対する攻撃」や「政治利用」などといった批判には当たらないことがわかる。

文化放送のpodcastでRadikoでは放送エリア外になる人も音声も聴ける

7月3日:清水潔
> 番組のメインを飾るゲストが登場!
> 大竹まこと&各パートナーがお客様のトークを料理します。
> [更新 7月3日] [毎日更新]
> [TIME 20:55]
http://podcast.joqr.co.jp/podcast_qr/main/main170703.mp3
http://www.joqr.co.jp/blog/main/

印象操作の画像の出所は?

掲示板に投稿された印象操作と取れる画像の出所がネット民によって推察され。
被害者女性が記者会見する前に、すでに内閣情報調査室がマスコミに対し関係図を配布していたことから内閣情報調査室と掲示板に出回っている印象操作画像の関連性が疑われ、掲示板に関係図を投稿し印象操作していたのは内閣情報調査室の関係者ではないかとも推察された。
最初に関係図の画像が出回った時刻は5月30日の昼過ぎで、内閣情報調査室が作った画像がたまたま掲示板のユーザーが作った画像と同じようなものになった可能性もあるが未だ真相は分かっていない。

レイプ事件をもみ消したのは自民党によるものなのか、また、自民党は「J-NSC 自民党ネットサポーターズクラブ」を使いネット工作していることは知られているが、もしレイプ被害者女性への誹謗中傷やこの件も自民党ネット部隊の組織的な工作によるものだとしたら、もうとても先進国とは言えない恐ろしく次元の低い国である。

山口とレイプ被害者、そしてレイプ事件をもみ消した中村格や北村滋など、この事件の関係人物などが小林よしのりによって漫画化もされている。

≪スポンサードリンク≫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。