高校のコーチが生徒を殴り解雇

部活のコーチが生徒の顔面7発、胸3発殴る。問題化する教師の体罰

問題となっている学校は私立武蔵越生高校。
サッカー部の部員を殴っている動画がインターネットにアップロードされたことによって問題化した。
学校側は連絡によりこの動画を確認後、6月13日にコーチを解雇した。
この動画内だけでも1人のサッカー部員を執拗に恫喝し顔面を7発、胸のあたりを3発殴っている。

1分48秒のあいだに何のためらいもなく10発も生徒を殴っていること、そして体罰を受けているところを他の教員?らしき人物もふつうに素通りしているのではという疑問、さらに動画投稿者は、体罰を行けた生徒は何人かいると話していて、以前からこのような体罰が行われていたと取れる。学校側は今まで何もしてこなかったのだろうか。
もしこの体罰動画がインターネットにアップロードされて人目につかなければ、学校側は体罰を見て見ぬフリしていただろうと容易に想像がつく。

≪スポンサードリンク≫

武蔵越生高等学校
部活内での体罰の様子です
髪を掴んで揺さぶり、みぞを殴り、顔をビンタし、張り手をしていました。
受けた人は何人かいます、1人はみぞのあたりに違和感があるそうです。
教育委員会に届くようにRTお願いします
ご協力お願いします。

部員に体罰の動画 高校がコーチを解雇
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170613/k10011015941000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

埼玉県越生町の私立高校でサッカー部のコーチが部員の生徒の顔などを複数回たたいたりする動画がインターネット上に投稿され、高校は、動画を確認するなどした結果、体罰があったとして、13日、コーチを解雇しました。

埼玉県越生町にある私立「武蔵越生高校」によりますと、12日、「インターネットにサッカー部の部員を殴るような動画が掲載されている」と学校に連絡がありました。

動画には、高校のグラウンドで30代の男性コーチが、およそ20人の部員が見守る中、複数回にわたって1人の部員の顔をたたいたり、胸元を小突いたりする様子が映っていました。

このコーチは半年ほど前からサッカー部の指導を専門に行っていて、高校は、動画を確認したうえで、13日、コーチから事情を聴いたところ、今月9日の夕方、部活動の最中に体罰をしたことを認めたということです。
コーチは「生徒の態度がよくなかったので行き過ぎた指導をしてしまった。大変申し訳ない」と説明したということです。

高校は、体罰があったとして、13日付けでコーチを解雇し、今後、生徒や保護者に謝罪することにしています。

高校によりますと、体罰を受けた3年生の男子生徒は、けがはなく、その後も部活動に参加しているということです。

武蔵越生高校のサッカー部は、インターハイの出場経験があり、およそ120人の部員が在籍しているということです。
大塚英男校長は「大変遺憾なことで、今後、このようなことがないよう指導したい」と話しています。


≪スポンサードリンク≫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。