自ら「バーリバリ!」とバイクのエンジン音を真似て喋る徒歩暴走族を取り締まる訓練が行われる


口で「バーリバリ」などと叫び迷惑行為をしながら集団で町を歩き回る「徒歩暴走族」が過去に問題となっていた。
この奇怪な集団が現れる場所は兵庫県姫路市、毎年6月下旬に開催される「姫路ゆかたまつり」。
この行動からして面白パフォーマンス集団か怪しいカルト宗教団体にしか思えないが、突然現れては人に悪さをするという水木しげる先生の妖怪図鑑に載っていそうな悪い集団だとして地元住人や警察などから警戒されているという。

以前はあれだけ多かった徒歩暴走族も、暴走行為を禁じる条例ができてからは激減していて、いざという時に備え訓練するなど地道な活動の成果が出ているようだ。

徒歩暴走族許さん 姫路署など訓練
http://www.yomiuri.co.jp/local/hyogo/news/20170608-OYTNT50236.html

姫路市で開かれる「姫路ゆかたまつり」(22~24日)を前に、迷惑行為をしながら集団で町を歩き回る「徒歩暴走族」を取り締まる訓練が8日、姫路署で行われた。市の危機管理室や県警から約80人が参加し、逮捕までの流れを確認した。

同市では、2000年6月、同まつりを見物していた当時16~21歳の5人が、警戒中の警察官に殴りかかるなどしたとして公務執行妨害容疑で逮捕された。

口でエンジン擬音 徒歩暴走族

こちらは2014年に行われた徒歩暴走族取締り訓練の様子

≪スポンサードリンク≫

≪スポンサードリンク≫

1 thought on “自ら「バーリバリ!」とバイクのエンジン音を真似て喋る徒歩暴走族を取り締まる訓練が行われる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。