藤田ニコルのいじめ加害者擁護とも取れる発言が批判される

いじめ加害者は罪悪感を背負って生きていかなくてもよい?

2017年6月4日に放送された「サンデー・ジャポン」での藤田ニコルの発言が批判されている。
番組では、茨城県取手市で中学3年生がいじめ自殺をしたことについて取り上げた。
この事件は、2015年11月、茨城県取手市の中学3年生が自宅で首をつって自殺した問題で、取手市教育委員会は2015年当時からこれまで「いじめによる重大事態にはあたらない」という見解を示していたが、2017年5月30日には、この見解を撤回し遺族に謝罪した。
自殺した中島さんの日記には「いじめられたくない」「死にたい」などと書かれていた。

この事件について番組内で取り上げたが、藤田ニコルは「いじめた側の子たちが一生罪悪感を背負っていかなきゃいけなくなっちゃう」と発言し、いじめ加害者の今後を心配した。
そして、高校に進学しているであろう加害者たちについて、「ネットで犯人探しとかあるんじゃないかなと、すごく心配です」と発言。

≪スポンサードリンク≫

藤田ニコルの発言へのネット民の声

この発言にネット民は「いじめてた側の甘えた理論だ」「被害者より犯罪者の未来を守れとかキ〇〇イか」「人殺してんだから幸せになっちゃ駄目だろ」「一生背負っていかないと」と反論した。
しかし、なかには藤田ニコルを擁護するものもいて「生きてるやつは未来があるがけど死んでしまえば未来はない。生きている人を大切にすべきだ」「自ら死んだのだから自業自得」などの意見を述べたものもいた。

サンデー・ジャポン 2017年6月4日(日) 170604

≪スポンサードリンク≫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。