狩野英孝が復帰した日に川本真琴が投稿した絵が精神的に来ると話題に

6股して女子高生と淫行で知られる狩野英孝が芸能界復帰

1月に17歳の女子高生との淫行疑惑を報じられて芸能活動を無期限謹慎していた狩野英孝が6月1日付で謹慎を解除された。
狩野英孝といえば6股をかけていたともいわれる真正の遊び人である。
6股の相手は、ファッションモデル・タレントの加藤紗里、シンガーソングライターの川本真琴、一般女性、仙台市のLINE画像を流出させたOL、六本木のキャバクラ嬢、現役女子大生読者モデルと幅広く手を付けた。

≪スポンサードリンク≫

川本真琴作『おまえをみてる』

その中の一人、川本真琴さんが狩野英孝が復帰した日にTwitterに投稿した絵が怖すぎると話題になっている。


絵のタイトルは『おまえをみてる』と意味深なタイトルで、何を表しているのか不明で不気味である。
「監視しているぞ」という意味なのか、それとも今でもまだ引きずっていてその心を表現したものなのか、いろいろと勘ぐってしまう。
絵自体は黒線で雑に描かれたものだが大きな目が2つ、何かを表しているのか全体に何かを象ったような線が引かれ、ぐちゃぐちゃに塗りつぶされたようなところもある。
なにげない落書きのようにも見えるが、狩野英孝が復帰した日に、しかも絵のタイトルが『おまえをみてる』だけに何か深い闇の感情によって導き出された絵に見えてしまう。

≪スポンサードリンク≫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。