Youtuber「咬ませ犬としか戦わない浪花の逃犬で鼻ツマミ者の亀田!俺に買ったら1000万円やる!」

亀田興毅が勝ったら1000万円差し上げます

2017年5月15日にYoutuberのシバター氏がYoutubeにアップロードした動画が話題になっている。
2017年5月7日(日)にAbema TVで放送された「『亀田興毅に勝ったら1000万』元世界王者に勝つ挑戦者は誰だ!」で、亀田興毅が有利なルールで素人と試合をして亀田からKOを奪ったら1000万円貰えるという盛り上がりに欠ける企画があった。
この企画に、シバター氏と同じYoutuberとして知られている「ジョー」が出場したことで触発されたのか、シバター氏自らも亀田と戦わせろと宣戦布告をした。
「もちろんタダでとは言わない、俺に勝ったら1000万円差し上げます」と、前回の試合の金額と同じ額を提示した。100万円の札束を10束、計1000万円を銀行から下ろして用意したものを動画で確認できる。

シバター「亀田は鼻つまみ者」

亀田興毅はデビューして以来、日本人とは2人しか対戦しておらず、一人は内藤選手で、この試合では疑惑の判定勝ちで大バッシングを浴びた。そしてもう一人の日本人選手の河野公平には負けている。
「日本人2人としか戦ってない日本のプロボクサーはいない」「亀田はボクシング協会からはボクサー扱いされていない!賞すら貰えない鼻つまみ者」「ボクシングを盛り上げる?ちゃんちゃらおかしいw笑わせるw」「人生に一回くらいは真剣勝負しませんか」と言いたい放題言われている。
動画の中でボロクソに言われた亀田興毅サイドは、さすがに黙って受け流すことができなかったのか、この挑戦を受けることに決めたようでシバター氏は動画をあげた翌日16日に「亀田とアポが取れた」と報告した。
報告によると、翌日に直接会って詳しい取り決めを行うことになったという。

≪スポンサードリンク≫

対戦ルールは?

シバターは総合格闘技歴11年だという。
亀田興毅は自分に有利な負けないルールでしか戦わないため完全に公平なルールでの試合を希望しているようだ。
ルールは1R目はボクシング、2R目は総合、3R目はボクシング、4R目は総合などのミックスルールで、体重もお互い折り合いが付くところでまとめたいと話している。
しょうもない打ち合わせやヤラセみたいなものは組むつもりはないと、自らが咬ませ犬にならないことをハッキリと断言した。
会場は自分でどこか借りてもいいし取り持ってくれるところがあれば頼みたいと話している。

ネット住人の反応

亀田兄弟は今まで疑惑の判定や咬ませ犬との試合、サミングなどの違反行為や切腹発言など、多くのことが過去にあったため決して評判は良くない。
試合があれば「判定に持ち込んだら負け知らず」と揶揄されるほどだ。なので公平な試合となると、やはり亀田が負けるだろうとの予想が大半を占めた。
今回のシバターの宣戦布告動画についてはネットでさまざまな意見が交わされているが、Youtuberのジョーは亀田興毅との試合に出たことによりチャンネル登録数がたった数時間で5万人を超えた。これによりさらにアフィリエイト収入が増えると予想されていて羨ましかったのだろうと言われている。

≪スポンサードリンク≫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。