内田裕也がヤクザ誕生会で軽快なステップを披露

『さらば愛しき女よ』(歌詞)
タッタッター♪
タッタッター♪
タッタッター♪ タタタタータタータターター♪
※)ぺろんな ろんりがーん♪
ぺろんな ろんりがーん♪
ぺろんな ろんりがーん♪
さらば いとしきーひーとよー

ぺろんな せくしかー♪
ぺろんな せっしぐあー♪
ぺろんな せくしぐああー♪
さらば いとしきーひーとよー

ひゃくねんのーまえならばーきげんなおんな、AHー
にじゅうねんもまえならばーただだいたんなおんーなー
そしていまー タイプ・マヨ 一休、上祐
おとこののぞむすべておー ばってらおーんなー ウォー

※繰り返し

———————————————————————–
≪スポンサードリンク≫

見どころ解説
01:04 「さらば愛しき女よ」カラオケも無いため、通常CD音源にて歌唱開始。
01:12 仮設の壇のため、音を気にして靴脱ぎ開始。
01:19 靴も脱ぎ、安心して8ビートランニングステップ開始。
02:32 裕也、間奏かと思いステップに入ろうと後ずさるが、無情にも30年前の音源内の
自分は続けて歌い続ける。平静を装いつつも、あわててマイクに戻る。
03:15 さっきは間違ったが、今度こそ満を持しての間奏でステップ加速。
03:30 「歌い出しは失敗できない…」そんな言葉が脳裏をよぎる裕也。間奏終わりの
タイミングを見計らい、マイク前にちゃんと戻る。さて歌うかと構えた瞬間、
終わったと思っていたギターソロがまだ続く。恥ずかしさのあまり何故か
右斜め上を見上げつつ、平静を装う裕也。同じステップを続けるのもなんだし、
新たなステップ・両手一本指膝上げステップを披露。
04:28 数々の失敗を乗り越えて、歌がやっと終わる…そう思うと、ランニングステップにも
いつもに増して拍車がかかり、なぜかシャドウボクシングでボディブローまで披露。
04:42 「さらば愛しき女よ」終了。しかしまた終了のタイミングを間違える裕也。
いい加減恥ずかしさと疲労がピークとなり、自分の席に戻りヘロヘロに。

≪スポンサードリンク≫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。